神聖なる愛への目覚め第8弾「ハワイより波動アップのワーク&輝いてNew Summer」のご案内はこちらです


2日連続の対面Days、国分寺までお越し頂きましたみなさま、ありがとうございました。
言葉では現せないほどの感謝でいっぱいです。
もっと成長していきたい。そう思いました。対面でのセッションをさせていただけて、本当にありがたく思っております。


私はこのお仕事の前は、販売のお仕事をしていました。
8年くらいタカ◯マヤで働き、新宿ル◯ネに異動になって間もなくして、休職しました。
職場は異動していますが、所属していた会社は神戸に本社のある大手アパレル会社でした。
※伏せ字にしましたが、検索で引っかからないようにしているだで、とくに他意はありません。

私は就職活動を始めたのがとっても遅くて、最終選考という感じの時期から始めたため、この会社の説明会に行った時には「この会場にいらっしゃる方の中で採用されるのは3名」といきなり言われて、「おお!そんなに厳しいのね。。。」と実感した記憶があります。
でも楽しそうな会社だなって思ったので、面接を受けさせていただいて、なんとなく通過し、2次も通過し、役員面接も通って、正社員として入社することができました。
就職科の先生には、「面接の練習もしていないのに、どうして通過したのか、後輩にレクチャーを!」と言われたのですが、自分でもよくわかりませんでした^^;
でも最終選考合格者の小さなパーティーがあった時に(実際は3名以上の人が受かっていました^^)誰かが人事の方に「採用の決め手は?」と質問したら、人事の方は「第一印象です」と言い切っていらっしゃったので、きっとご縁があったんだなって思います。
あと、真面目に書いた履歴書がなぜかウケていたので、「もしかしてあの頃は天然な子だったのかも?」と今ちょっと思いました^^;

そんな感じで入社した会社は、とても良い会社でした。
もちろんどんな職業も大変な部分はありますが、自分にはとても合っていたと思います。

そうそう、この会社は「クレーム」という言葉は使わず、「お申し出」という言葉を使っていました。
お客様がご意見をくださるということは、お客様のお時間と労力を割いてまで伝えてくださっているということで、そこには愛があるという考え方から来ています。
大多数のお客様は、黙って来店されなくなります。
でも伝えてきてくださるのって、とてもありがたいことで、そして成長のチャンスを頂戴していることでもあるなって思うのです。
個人的に、好きな考え方でした。

そして「お申し出は橋本(私のこと)に任せれば大丈夫」と言われるようにもなりました。
私としては、お申し出対応が得意と思ったことは一度もなく、そんな風に言われるとプレッシャーでしたが、今思えば、もし得意だと思ってしまっていたら、お申し出をくださったお客様を誘導というか、コントロールするような対応に傾いていたかもなって思います。
だから自分は健全な恐れを抱きながら、毎回毎回慣れることのない(慣れてはいけない)お申し出対応を頑張っていたのだな〜と、ちょっと褒めてあげたくなりました。

あ、タイトルの話題の前のお話が長くなってしまいました^^;
毎度すみません。

もうひとつ、好きなシステムがありました。
スーパーバイザーという役割です。
今のお仕事でもSVをさせていただいておりますが、私の会社にも、スーパーバイザーという職種があったのです。

店舗には店長がいて、その店長の指導やケアをするのがスーパーバイザーです。
本部と店舗を繋ぐ役目も果たしています。

私は普通のスタッフを経て長年サブ(副店長)をさせていただいていたのですが、サブの役割も大好きでした。
店長代理でもあるし、店長と他のスタッフを繋ぐ役割だったり、育成を担当したり、全体の調和役だったり。
お店全体を見通せているのも、サブだと思います。だからこそ、店長は安心してお店の売り上げ向上計画(1店舗の店長は、いわば小さな経営者なので)に専念できたりします。

でもスーパーバイザーにも憧れていました。
店長という役割は孤独な部分もあって、誤解を招くこともあったりして、私も完璧ではないので、店長と他のスタッフの間で色々あったりすることもありました。
店長が元気がないと、お店も元気がなくなってしまいます。

「どうしよう。。。」と思ってSVに連絡すると、颯爽とスーパーバイザーがやってきて、店長をカフェなどに連れ去り(笑)、そして帰ってくるころにはモチベーションが回復している店長になっていたりして、お店がまたキラキラしだすのです。
「すごいな〜。素敵だな〜」と思いながら、私もいつかスーパーバイザーになりたいという目標を抱くようになりました。

担当する店舗を回って、本部とも連携を取って、良い環境で働けるような、縁の下の力持ち的なお手伝い。
それがお客様にとって、気持ちのよいお買い物に繋がる。
お客様も店員も笑顔っていいな、その役に立ちたいなと、ウキウキ夢見ていました^^

そして6年くらいサブをさせていただいた後、新規店舗の店長試験を受けて、新宿に異動になったのです。
スーパーバイザーになりたかったので、サブの次の店長へとステップアップして、そしてスーパーバイザーを目指そうと思っていました。

でも異動してしばらくして、「もう今日から出勤できません」という状態になってしまい、突然の社会人終了がやってきた次第です^^;
当時はすごく悲しかったです。
未来にやりたいことが沢山あったから。

だけど不思議なことに、こうして今は、別の職業ですが、スーパーバイザーのお仕事をさせていただいている自分がいます。
当時の私には思いもよらない形ではありますが、夢が叶っているなぁと思いました。

このお仕事においてのスーパーバイザーも、ワーカーとクライアント様の健全な関係をお手伝いさせていただく、縁の下の力持ち的な存在かな?って思います。

大好きな会社で働けなくなってしまった時は絶望したし、何もやる気が起きない時期も経験しましたが、会社で学ばせていただいたことや、絶望期も、今振り返ると全て今の私の糧になっていると思うのです。
そして人生って不思議だなぁって思います。

願いは叶っているって思いました。
もちろんプロセスの最中は、混沌マックスという感じで、絶望しかありませんでしたが、生き続けて本当に良かったって思います。

このエピソード、本当は何年も前から書いてみたかったことなんです。
今日書けた☆
なんか嬉しいです^^
店長時代の頑張り過ぎエピソードも、いつか書きたいなって思っております。

生きることって時には辛いけれど、辛い時期も終わりがいつか来るのは自然のサイクルで、乗り越えて生き続けた人には思いもよらないギフトが用意されているのかなって思います。
もちろん軽々しくは言えないけれど、自分自身の経験としてそう思うし、今とても大変な方にも、その方自身は希望を抱くことができなくても、その経験をした私が「きっと未来は開けるんだ」って信じて、祈り、お手伝いが出来たら嬉しいなって思います。

今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございます。
あしたもおしごとだ〜。
お休みなさいませ〜☆


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

facebook

Instagram

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM