モニター募集&ワークのご案内ページが更新されました。
詳細は右側のリンク、またはコチラを ご覧くださいませ。
mimiさんのモニター募集と一斉ワークのご案内がアップされています☆


帰国後から早速お仕事をさせていただいておりまして、お昼寝時間も含めて少しバタバタしております。
バタバタしてますが、お昼寝も入っているので健やか健康体です☆

そうそう、ロンドンで創造療法を学んだ時に、「もっと自分の肉体と会話をしたい」と思い、帰国後早速近所のスポーツジムのヨガの無料体験を申し込みました。

が、しかし!!

お仕事後のお昼寝が長引いて寝過ごしてしまい、行けませんでした…
今度こそちゃんと行きたいです

それか、もう入会手続きをして、好きな時に予約せずに行ける状態にした方がいいのかも…なんて今思いました。

とにかく楽しみです☆



 3月にマニフェステーションヒーリング講習会をさせていただくことになりました。

マニフェステーションヒーリング講習会はペアでの練習が入った方がより充実したものとなりますので、他にもご希望の方がいらっしゃいましたらぜひこの機会にお申し込みいただければ幸いでございます。

お申し込みの際には、ご希望日の欄にご都合のよろしい日(3月10日以降で)をいくつかお書き添えください。

頂いたご希望日を元に、講習日を決めさせていただきます。

どうぞ宜しくお願い致します。

 お仕事再開の今日、興奮して4時頃目が覚めてしまいました^^;

1月後半からバタバタと英国行きが決まったのですが、きっかけはイギリスに滞在している夢を見たことでした。
その夢をスーパーバイザーに何気なく伝えて、「じゃあ2月に創造療法を受けに行こう!」となり、友人も誘い…という流れで、不思議なくらいスムーズに研修への準備が整っていきました。



私は1月に自分がシャーマンの権限を手放していることを知り、呆然としました。
シャーマンの契約は本人の意思でそうそう手放せるものではなく、どうしても手放したい場合は熟練のシャーマンによる儀式が必要だと記憶しております。

なので

「ああ、私の魂はどこまでも自由なのか…。私はことん自由で、この地上の次元や契約やカルマを超越してい生きていかなければいけないなんて…。なんてこった」

と思いました。

サルトルの「人間は自由という刑に処せられている」という言葉が身にしみました。

シャーマンのお仕事は本当に大好きで、私は一生このシャーマンのワークをしていくのだと思っていました。
それが終わる日が突然来るなんて…。

でもこの流れは昨年の3月にも来ていて、この時私は体調を崩してしまいました。
魂の目的が顕現してきたとき、私の身体に異変が起きたのです。
今思えばこれがスピリチュアル・エマージェンシーなんですよね…。

シャーマンワークを始める決心をする前にもスピリチュアル・エマージェンシーの影響で全身の皮膚がポロポロとめくれるということが起きました。歩くたびに皮がポロポロ落ちていく位めくれていて、まさに「脱皮」という感じでした。

話を戻して、昨年の3月の時点では私の心と身体はこの魂の方向性を受け入れることができませんでした。そして5月には死にかけて大変でした。
それを経て、「私はもっとやりたいことをやりたい!」と思うようになりました。
でもそれが何かはあまり考えず…もしかしたら考える時間を作らずに過ごしていたのかもしれません。

そして今年1月、シャーマンの権限を手放してしまっていたことを知り、スーパーバイザーに「佳代子さん、求められていることではなく、佳代子さんがやりたいワークをやっていくためのスペースを作らないと」とアドバイスをいただき、混乱してしまいました。

私は何者なの?
だれも私を縛ってくれない。

と。

自由な自分の魂を、あのままで十分ハッピーだったのにそこから私を引き離した自分の魂を呪いたくなりました。
怖くて怖くて、早く自分の役割や立場を探さなければと思いました。

でも、自分が何者か探せば探すほど、考えれば考えるほど自分から遠ざかっていくような感覚がありました。

そして思ったのです。

私は「自分が何者か」を考えては自分のやりたいことができないんだと。

絶望と限りない喜びがわき上がりました。
それは覚醒の瞬間でした。

それからカリスマプロデュースと無への神性のワーク(エッセンシャルイニシエイション)の構築が私の中で始まりました。
もう既に出来ていたワークなのですが、私のこころと身体がそのワークをすることを受け入れたとき、最終的な構築が始まったという感じです。

ロンドンの研修で、「引き寄せることは魂にしか出来ない。魂の誓願・方向性はたしかに絶対的だけれど、だからといって心と身体に無理をさせてしまうのはスピリチュアルとは言えない。バランスが大事。」と聞いて、とても納得しました。

やっと心と身体が魂の想いを受け入れて、それを喜びに感じる時が来たから、こうして進むことができました。
待っていてくれてありがとう、私の魂。(死にかけたけど…^^;)


ロンドンでは創造療法を体験しながら学び、それと並行して個人セッションも受けました。

創造療法の初日、私はデモンストレーションの中で

「この世界には、私が求めている形がない」

ということに気づき、深く絶望しました。


そして創造療法の学びを進め、最終日には、

「この世界に私の求める形がなくても、絶望していない私がいることに気づきました」

と感想を述べました。

そう、私の求めるものは私が創造していくんだ。
だから絶望していない。
どんなふうに創造していくのだろう?と不安ももちろん抱きながら、ワクワクしている自分がいました。

私は学校を作りたいのです。
そしてヒーラーという仕事が社会にきちんと存在できるようにしたい。
そのシステムを作りたい。

クライアントが安全にセッションを受けられる環境と、ヒーラーが安全なセッションを提供できる環境を作りたい。

それにはもしかしたら法律家や政治家の方の協力も必要かもしれません。
そして同じ志を持つヒーラーの方の協力は絶対に必要です。

こんなちっぽけな私がこんなこと…って思っている自分もいますが、今やりたいことをやっていくことが、願いの実現への歩みになるのだと思います。

なので今まで通り、私は生きていくのだと思います。
一瞬一瞬、自分に正直に生きていきたいと思います。

長々と書いてしまいましたが、本日もお付き合いいただきましてありがとうございます^^

今後もスーパービジョンを受けながら、私が今やりたいことを整理して皆さまにご案内できればと思っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

それでは良い一日を〜☆


20110219043452.jpg
今日ロンドンを発ちます☆

画像は、講習最終日の夜に撮ってもらった写メです。(一応まだ酔っ払ってない状態です)

ロンドンでは学びまくり遊びまくり食べまくりな日々を過ごしました♪

ツイッターでもっとつぶやきたかったな〜。

あ、これからカフェでマッタリするので今日はこのへんで…ヽ(^^)
行ってきまーす!


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

facebook

Instagram

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM